壁式ラーメン構造【かべしきらーめんこうぞう】



壁式ラーメン構造とは、壁式構造とラーメン構造の折衷型の骨組構造のことです。
ラーメン構造は建物を柱で支えるので、壁のない広い空間が可能で、窓なども広く採れますが、室内に柱型が出てしまいます。壁式構造は壁で支えるため、柱型が出ることはありませんが、壁が厚くなり、大きな窓などを採れなくなります。
一般的な鉄筋コンクリート造マンションの場合、住戸を隔てる戸境壁は耐震壁として利用できますが、戸境壁と直角の桁行方向(バルコニー側など)には、できるだけ窓を大きくとりたいため、耐震壁としては使えません。そこで、桁行方向にだけ偏平な長方形断面の柱と梁を用い、戸境壁等の耐震壁と併用した構造を「壁式ラーメン構造」といいます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 岐阜 注文住宅
  • 大阪 新築
  • 四日市 新築
  • SUB MENU

    おすすめサイト