重ね建て住宅【かさねだてじゅうたく】



重ね建て住宅とは、2戸以上の住宅を重ねて建てた住宅のことです。
一戸建て住宅が敷地も建物も独立した1戸の建物であるのに対して、重ね建て住宅は同じ敷地内で上下に別の住居があります。どちらも床面積70平米以上は「フラット35」の融資対象となります。
重ね建て住宅は、二世帯住宅などで一定の独立性を持たせるには適した住宅で、一戸建てに比べて経済的にも優れています。その反面、建物の構造によっては上下で音が響きやすかったり、日常的に顔を合わせる機会も多く、売却や転居の際に双方に与える影響も少なくないので、世帯間の信頼関係が重要なポイントになるといえます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 福岡 建築家
  • 福岡 一戸建て
  • 一宮 注文住宅
  • 藤沢 リノベーション
  • SUB MENU

    おすすめサイト