火災警報装置【かさいけいほうそうち】



火災発生時に煙や熱を感知して、ベルや音声などで警報を発する装置をいいます。
通常は天井に設置され、警報ベルが鳴り響くと同時に、マンションなどでは管理人室(防災センター)にも自動通報される仕組みになっています。
2006年6月の改正消防法の施行に伴い、新築住宅の寝室や階段に住宅用火災警報器の設置が義務付けされました。また、建築基準法改正により、建築確認申請や完了検査の手続き時に、住宅用火災警報器の設置図面などの添付が必要となりました。既存住宅についても、市町村条例により、2011年5月31日を目途に設置が義務化されます。ただし、既に自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されている場合には、免除される場合もあります。


◆SPONSOR LINK◆

  • 広島 住宅
  • 千葉 一戸建て
  • 千葉 デザイナーズ
  • 別府 リノベーション
  • SUB MENU

    おすすめサイト