柿渋塗装【かきしぶとそう】



柿渋から作った液による日本古来の塗装方法です。
柿渋は漆と並び日本の伝統的な塗料で、和紙や天井板などの塗装に使われてきました。柿渋の色は主に茶色系で、ベンガラなどの顔料を混ぜて使われ、防水、防虫、防腐などの効果があるといわれています。また、柿渋には特有のにおいがありますが、現在では無臭柿渋も登場しています。
シックハウス対策から天然素材が見直される中、柿渋は染料や建築材の塗料として再び注目を集めています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 名古屋 建築家
  • 大阪 注文住宅
  • 流山 新築
  • 暮らしの設計室 松山市
  • 松本 建て替え
  • SUB MENU

    おすすめサイト