家屋番号【かおくばんごう】



1個の建物ごとに登記簿の表題部に記載される番号のことを、家屋番号といいます。
原則として、地番区域ごとに、建物の敷地と同一の番号になります。例えば、甲建物がA市B町一丁目二番にあると、家屋番号は「二番」になります。ただし、甲建物と同じ敷地に乙建物が新築されたときは、家屋番号は「二番の二」となります。
なお、マンションのように、1棟の建物が区分所有されている場合は、専有部分の建物(マンションの1区画)ごとに、家屋番号がつけられます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 愛知 一戸建て
  • 注文住宅 大阪
  • 三重 新築
  • デザイナーズ住宅 ひたちなか
  • SUB MENU

    おすすめサイト