解約手付【かいやくてつけ】



いったん締結した契約を、理由のいかんにかかわらず、後で解除することができる手付を解約手付といいます。
相手方が履行に着手する前までは、手付金を支払った者は手付金を放棄し(手付流し)、相手方は手付金の2倍の額を返却すれば(手付倍返し)、契約を解除することができます。履行の着手とは、買主が代金の一部として内金を支払ったり、売主が物件の引渡しや登記の準備を始めたことなどをいいます。
手付には、解約手付の他に、契約成立を証する「証約手付」、債務不履行の際の損害賠償の予定、または、違約罰としての「違約手付」があります。


◆SPONSOR LINK◆

  • 注文住宅 名古屋
  • 注文住宅
  • 大牟田 一戸建て
  • 三島 デザイナーズ住宅
  • 松原市 注文住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト