雁行壁面【がんこうへきめん】



マンションなどの各住戸をそれぞれ斜めにずらして建てる工法のことです。
雁の群れが斜めに列をなして飛ぶ姿から名付けられました。この工法ではすべての住戸が角部屋になり、日当りや通風の面で優れているとともに、各住戸の独立感や開放感が高まるといわれています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 名古屋 一戸建て
  • 福岡 建築家
  • 広島 住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト